金利の変動と住宅ローン借り換え

| 未分類 |

家族01

住宅ローンといえばマイホームの購入には無くてはならない存在ですが、住宅ローンを借りる際は金利の変動に対して特に気をつける必要があります。

特に変動金利製のローンを選択した場合は金利の変動具合によって大きくとくもすることもあれば逆に損をすることもあるので、なるべく損をしないように可能な限りリスクを軽減する事が出来るような準備を怠らない事が大切です。

そのための方法は色々ありますが、その中でも比較的多く行われていると言われているのが住宅ローンの借り換えです。

この方法は別の金融機関の住宅ローンを借りる事によって金利の上昇を防ぐという方法なのですが、この方法を行う際も金利の変動に特別気を配りつつ行わなければなりません。

住宅ローンの借り換えは金利の変動が大きく影響してきます。例えば現在借りている住宅ローンが変動金理性だった際数ヵ月後には金利が大幅アップしていそうだと感じたときに別の銀行の固定金利型ローンに借り換えを行なう事によって金利の上昇を最小限に抑える事が出来ますし、別の住宅ローンのほうが金利が低かった場合は金利を増やすどころか減らすことも夢ではありません。

その代わり金利が下がるタイミングで借り換えを行って設けるチャンスを失ってしまうと言うリスクもあるのでそのあたりには注意が必要です。